0Item(s)
0 Items View Cart

You have no items in your shopping cart.

Product was successfully added to your shopping cart.

室内&屋外でいつでも収穫するためのストラテジー

自家栽培で最も適しているのは花をつけさせるために外の自然光を使い、発芽や成長を促すために室内での照明を使う事です。自然光の昼と夜のサイクルを使う事で室内のみで栽培するために使う電力を半分に節約できます。ファイバーグラスや塩化ビニルのシートを使って小さな温室を作れば物置小屋のように見えるので近所からも疑われなくてすみます。

鉄やベニヤで作られた大型の物置も屋根を塩化ビニル、ガラス、ファイバーグラス、プラスティックなどのシートで採光可能な屋根に改造すれば種類によっては問題なく成長できます。こうした物置は空からも見つかりにくく、栽培が邪魔される事はありません。さらにネズミや近所の子供などの邪魔者の侵入を防ぎ、鍵をかけるのも簡単です。直接地面に植える事で雑草の繁殖を防ぎ(水栽培で無ければ)、収穫量も増やす事ができます。

冬の間は室内で刈り取りと新しい種の発芽を行い、自然光で成熟させるために屋外へ移す春に備えます。この繰り返しによって屋外もしくは温室にて少なくとも年3回の収穫が可能になります。スペースに余裕があれば室内での発芽、育成過程と屋外での花を咲かせる過程を繰り返す事で60日ごとに収穫が可能です。これは小規模の室内栽培でも可能です。

年間を通して生産するために、大麻には2つの成長サイクルがあることをまず理解しましょう。発芽から成長に入る段階では継続的に光を当てます。この段階では光を当てない(夜)の状態は不要です。こうすると大麻は休みなく光合成を繰り返し、屋外での栽培よりも早く成長します。夜間は光合成を止め、光合成によって作られた糖分を消費します。成長段階では糖分を消費させずに、継続的に光を当てることで光合成を続けさせます。

大麻が30-45cmに育ったら、春もしくは秋の天候が良い日を選んで屋外において花を咲かせます。(夏に屋外で花を咲かせる場合は、ビニールハウスに覆いをかけて夜の長さを調整します。詳しくは花を咲かせるチャプターを参照) 大麻を10-13時間屋外に置き、継続して暗い中(近くに照明を置かない)に置くことで強制的に花を咲かせます。充分に熟し収穫できるようになるまでには2-3かかります。室内で継続的に照明をつけていた場所から毎日10-13時間屋外に出す事で冬の到来と錯覚した大麻は花を咲かせるのです。たとえば3月1日に屋外へ出した大麻の実は5月1日までに熟します。5月1日に出せば7月1日までに、9月1日に出せば11月1日までにといった具合です。冬の期間は屋内のみで行い、収穫した種は翌年の夏に屋外へ植えるためにとっておくか、冬の間の予備用に小袋にでも入れておきます。

覚えておきたいのは通常取り締まりは9,10,11月に行われ、4月に屋外に出してある大麻には気がつきません。ですから収穫は10月ではなく5月に行うべきです!