0Item(s)
0 Items View Cart

You have no items in your shopping cart.

Product was successfully added to your shopping cart.

安全とプライバシー

電力会社からの請求書には前年の使用量との比較が出ていますが、これが警察が大麻栽培者を見つける方法でもあります。普通の一軒家で500w以上の使用を続ければどうしても電気代がかさみます。複数の暖房器具を使っている、同居人が多い、何台ものテレビがあり遅くまで起きていることが多い、などとごまかしましょう。万が一警察が訪問してきて使用電力について聞かれても、絶対に家の中に入れず、夜中のうちに自分以外の車で別の場所に大麻を移しましょう。

新しい場所へ引っ越したら最初から高い電力使用を記録させれば、後々電力使用の履歴から栽培を暴かれることはありません。

明かりが漏れる、窓が開いている、部屋から熱気が漏れるなどはたいした問題ではないですが、泥棒は厄介です。家から離れるときは防犯アラームはつけずに出かけましょう。泥棒が入ってきて警報がなれば警察が来てしまいます。戸締りを厳重にしても入ってくるほど困っている人にはそのまま盗って行かせましょう。泥棒ごときで栽培自体がだめになるのは馬鹿馬鹿しいことです。

他人が訪ねてきたとき、修理屋、弁護士、水道屋、近所の人、ペットなど予期せぬ訪問者の対策は前もって考えておきましょう。