0Item(s)
0 Items View Cart

You have no items in your shopping cart.

Product was successfully added to your shopping cart.

土耕栽培

米西海岸カリフォルニアではSuperSoilブランドが唯一信頼できる品質の栽培用土として知られています。その他の多くは栄養素が少ない、湿りすぎなどの欠点を持つ木を原材料にしたものばかりです。バーミキュライト、ペアライトもしくは砂をSuperSoilに混ぜて排水性と通気性を高めて使うと良いでしょう。

オーガニック栽培にこだわる人は鶏や牛、その他の動物の糞と生ゴミ、落ち葉、剪定した枝、犬の毛や尿(窒素を多く含む)を含むその他の排泄物から自前で肥料を作ります。もし自宅の庭以外でゲリラ栽培をするのであれば犬の毛はお勧めしません。DNAをたどって飼い主があなただとばれてしまうからです!

P4ウォータークリスタルを土に混ぜておけば水をやり忘れても数日分の水分を蓄えてくれています。この製品は水を吸うと膨張し、スポンジのように水をためるので、何度も水を撒かなければ乾いてしまうような状況でも緊急用の保水タンクの役割を果たすのです。非常に便利なものですがしばらくすると栽培容器のそこに溜まりがちで底にある伸び盛りの根を窒息させ苗を枯らしてしまいます。土に混ぜる前に最低でも1時間は水を吸わせて膨張させてから多すぎない程度に混ぜましょう。

植物の大きさは栽培容器の大きさで決まります。大きく育てたいのであれば大きな容器で育てなくてはなりません。通常30cmにつき1/2ガロン(1.8L)の容積が基準です。1.8mの大麻に育てるには11L以上の容積の鉢に植えなければなりません。覚えておきたいのは丸型よりも角型の鉢のほうが容積が大きいということです。

土で育てるのであれば地面に植えるのが最上です。これは容器や鉢のサイズにとらわれずに望みの大きさまで成長させられるからです。

オーガニック肥料としてバットグアノ、鶏糞、ミミズなどが使われます。糞系は熱を持つので苗を植える前に数週間をかけてあらかじめ土と混ぜて堆肥を作っておきます。海藻類は微量元素の宝庫でゆっくり分解されていくので継続して作物に栄養を供給できます。

もし屋外でそのあたりにある土で栽培するのであれば、落ち葉やその他身近にある窒素を含む自然素材をドロマイト(苦灰石)や堆肥と一緒に土に混ぜましょう。Miracle Growなどの肥料も少量でもいいのでこのときに一緒に混ぜます。(オーガニック栽培者には嫌われるかもしれません。有害といわれる廃棄物は商業肥料と同じものから作られています)地表に撒くマルチは落ち葉から作られ、栽培エリアに撒く事で適度な水分を保ち、雑草の繁殖を抑えます。